離婚後に浮気が発覚…元夫・元妻に慰謝料請求はできる?

浮気調査におすすめの大手探偵事務所はこちら

離婚後に浮気が発覚…元夫・元妻に慰謝料請求はできる?

離婚後に浮気が発覚

 

離婚する夫婦というのは決して珍しいものではありません。
価値観の違い、性格の不一致などさまざまな理由がありますが、浮気というのも離婚の大きな原因になるでしょう。
場合によっては、離婚後に浮気されていたと気付くパターンもあります。
では、すでに離婚していても元夫・元妻に慰謝料の請求は可能なのでしょうか。

 

 

こんなケースなら離婚後も慰謝料請求できる!

離婚後に浮気が発覚した場合でも慰謝料の請求は可能ですから、もう離婚してしまったからと諦めて泣き寝入りする必要はありません。
しかし、すべてのケースで慰謝料請求できるわけではないので注意が必要です。
まずは、慰謝料の請求が可能なケースから見ていきましょう。

 

浮気が離婚の原因になった

浮気が離婚の原因

慰謝料の請求が認められるケースとして、元夫や元妻の浮気が離婚の原因になったということが挙げられます。
この場合、浮気が始まった時期が重要です。
浮気をする前は夫婦関係は良好だったけれど、浮気を始めた時期から関係が悪化して離婚に至ったというような時には、浮気と離婚に密接な関係があるとみなされて慰謝料を請求することができるでしょう。

 

慰謝料請求に必要なもの

慰謝料の請求には証拠が必要になりますが、元夫や元妻が浮気をしていたと認めている場合にはそれ以上の証拠は必要なく、慰謝料請求はこちらに有利になります。
離婚後に「実は浮気をしていたんだよね」というような自白があれば、慰謝料請求はスムーズに進むでしょう。

 

しかし、浮気を認めるケースというのは非常にまれです。
浮気を認めてしまえば慰謝料を請求される可能性が高いですから、相手も確実な証拠でもなければ認めないということがほとんどです。
相手が浮気や慰謝料の請求を認めずに話し合いが難航して、慰謝料の請求がなかなか進まないというケースが多くなっているのも現状です。

 

こんなケースは請求できない!@夫婦関係がすでに破綻していた

慰謝料の請求が可能なのは離婚と浮気に密接な関係があった場合ですから、浮気をする前からすでに夫婦関係が悪化していて、その後から浮気が始まったような場合には慰謝料の請求は難しいでしょう。

 

破綻の例1:不仲が浮気の原因

結婚後からすでに夫婦仲が冷めきっていて会話もしないだとか、毎日喧嘩ばかりしていて家庭内の空気が悪いというような理由から浮気に走る場合もあります。
浮気されたことで仲が悪くなったのではなく、もともと仲が悪く夫婦関係はすでに破綻していたことから浮気をした、というケースは不貞行為に当てはまらないので、慰謝料の請求はできない可能性が高いです。

 

破綻の例2:別居、家庭内別居をしていた

同じように家庭内別居、または物理的に別居してから浮気が始まったというケースも、慰謝料の請求はできません。
すでに夫婦としての関係が壊れている場合の浮気は不貞行為として認められないことが多く、離婚の直接的な原因でないとみなされてしまいます。

 

慰謝料というのは、あくまでも精神的苦痛への賠償金ということになります。
すでに夫婦関係が機能せず、冷え切った状態であった場合には認められないことが多い、ということを覚えておきましょう。

 

こんなケースは請求できない!A離婚時に金銭の取り決めをした

離婚する時に調停調書や公正証書などを作成していて、「慰謝料の請求はしない」「お互いに債権債務などがないことを確認する」といったような金銭面での取り決めをしていた場合も慰謝料の請求は難しいでしょう。
このような取り決めをしてしまうと、損害賠償や財産分与請求の権利を放棄したことになり、その後の請求は難しいのです。

 

取り決めがあっても請求できるパターン2つ
1.当時は浮気を知らなかった

この取り決めをした時に相手が浮気をしていたと知らなかった場合には、民法の「錯誤無効」ということを主張して争うことが可能です。
しかし、この場合には相手が浮気をしていたということを立証する必要があるので、なかなか困難な争いになってしまいます。

 

2.強制的に約束させられた

また、DVなどがあり無理矢理に約束をさせられた、相手が強引に離婚を迫ってきて取り決めにサインをさせられたという特別な事情があれば、権利の回復が認められるケースもあります。
専門家に相談してみるというのも一つの方法でしょう。

 

浮気相手には取り決めがなければ請求可能

一般的に、浮気が原因になった離婚では浮気相手への慰謝料請求が可能ですが、離婚後に発覚した場合でも請求は可能です。
元夫や元妻との間では金銭面での取り決めをしたけれども、その浮気相手とは取り決めをしていない、という場合には浮気相手に慰謝料を請求することができます。
ただしこの場合には、@浮気相手が元夫・元妻が既婚者であることを知っていた、A浮気が離婚の原因になった、という条件が必要になりますから注意が必要です。

 

こんなケースは請求できない!B時効を過ぎている

離婚後に浮気が発覚したことによる慰謝料の請求は可能ですが、それには「期間」が設けられているので注意しなければなりません。

 

慰謝料請求の時効は「3年」

一般的には離婚をしてから3年となっていますが、浮気を知らずに離婚し、後からその事実を知ったというようなパターンだと、浮気を知ったときから3年とカウントします。
いずれにしても、慰謝料請求の時効は「3年」と覚えておけばいいでしょう。

 

離婚をしてから、または浮気を知ってから3年以内ということであればまだ慰謝料の請求はできますが、3年以上経っていれば請求することはできません。

 

請求時期も金額に影響する?

浮気の慰謝料はどれだけの精神的苦痛があったかということで、大きく金額が変わるものです。
離婚したり浮気を知ったという時から、時間が経過すればするほど慰謝料の額は減ってしまう可能性が高いですから、注意してください。
浮気が発覚して慰謝料を請求したい、という場合にはできるだけ素早く行動して実際に請求してしまうことが大切です。
早めに専門家などに相談して、相手に慰謝料請求が可能かどうかを調べてもらうといいでしょう。

 

時効後も請求できる条件とは?

基本的には時効は3年ですが、慰謝料を請求される相手、つまり元夫や元妻が「時効が成立しているので慰謝料の支払いはしない」と主張をしない限り慰謝料の請求権は消滅しません。
可能性としては低いですが、元夫・元妻に慰謝料を支払う意思があれば時効成立後でも慰謝料をもらうことはできます。
また、相手が時効を過ぎていることに気付かずに支払うというケースもありますが、そのような場合でも問題なく慰謝料をもらうことが可能です。

 

離婚後の慰謝料請求の相場は?その手順は?

離婚後の慰謝料の相場

慰謝料相場

離婚後に浮気が発覚してからの慰謝料の相場は100万円〜300万円程度となっています。
金額はそれぞれのケースによって変わってくるので一概には言えませんが、だいたいはこの範囲内になるでしょう。
一般的に時効が近付けば近付くほど慰謝料の額は減額されていくことになりますから、早めに請求することでより多くもらえる可能性が高まります。

 

慰謝料請求の手順

それでは、実際にどのように慰謝料を請求すればいいのか手順を見ていきましょう。

 

  1. 当人同士の話し合い
  2. 調停
  3. 裁判

このような順序で進んでいきます。

 

1.話し合い

元夫・元妻の浮気が発覚して慰謝料を請求したいという場合には、まず相手と話し合いをする必要があります。
直接会いたくないという場合には、内容証明郵便などを使って相手とやりとりします。
こうするとやり取りの内容が郵便局にも保存されますので、きちんと記録が残りますし相手にもプレッシャーをかけることができるでしょう。

 

ただし、相手が浮気を認めていて慰謝料の支払いにスムーズに応じるケースというのは極まれです。

 

2.調停

当事者間での話し合いが上手くいかないことがほとんどですので、調停の申し立てを行い第三者立ち合いのもとで話し合ったり交渉をすることになります。
当人同士の話し合いで浮気を認めずに慰謝料の支払いを拒否する、という元夫や元妻の場合は、調停でも不貞行為を認めずに話し合いがまとまらないことが多い傾向にあります。

 

3.裁判

当人同士の話し合いでも調停でも話がまとまらない場合には、訴訟を起こして裁判で決着をつけることになります。
裁判をする場合には、弁護士に依頼する必要があるでしょう。
最初の話し合いから相手が頑なに浮気を認めない、徹底抗戦の構えという場合には、あらかじめ離婚問題に強い弁護士に相談しておくなど準備しておくとスムーズに進めることができます。
また、離婚時に財産分与をしていた場合には、そこに上乗せして請求するということになります。

 

慰謝料請求には証拠が必要

話し合いで相手が素直に浮気を認めて慰謝料を支払うというケースばかりなら話は簡単なのですが、世の中そう上手くはいきません。
ほとんどの場合は、「浮気はしていない」、または夫婦関係の破綻前から浮気をしていたにも関わらず「夫婦仲が悪くなってから浮気をした」、と嘘をついて慰謝料の請求から逃れようとします。
そのような場合には、夫婦関係が破綻する前から浮気をしていたという確実な証拠が必要になります。
たとえば、元夫・元妻の友人から浮気に関する証言を集めるなどが必要になるでしょう。
離婚後の浮気調査というのも、過去のことだけに難しくなっています。
ですから、周囲の関係者を味方につけて確実な証言をしてもらうことが大切なのです。

 

離婚後の慰謝料請求まとめ

このように、離婚後に浮気が発覚した場合でも慰謝料請求は可能です。
態度が悪くなったあの時に浮気が始まった、価値観の違いなどと適当なことを言って離婚された、となると騙されていたことへの怒りも湧いてくるでしょう。
「でももう離婚してしまったし、今更慰謝料の請求なんて無理」と諦めずに、自分に慰謝料請求の権利があるのかしっかりと調べてみてください。

 

  • 夫婦関係が破綻する前から浮気をしていた
  • 離婚時に公正証書などで金銭面の取り決めをしていない
  • 無理矢理に金銭面での取り決めにサインをさせられた
  • 自分が浮気を知ってから3年未満

 

このような条件に当てはまっているのなら、慰謝料請求ができる可能性は高いです。
相手が認めない場合には浮気をしていたという証拠などが必要になりますが、一度専門家に相談してみてはどうでしょうか。

 

おすすめの探偵事務所はここ!

当サイトで、慰謝料請求のサポートもしてくれる探偵事務所をいくつか紹介しています。
相談・見積もりは無料、電話やメールで24時間問い合わせができますので、一度頼ってみるのもいいでしょう。

 

↓クリックして各探偵社の費用や特徴をチェック!

おすすめの探偵事務所一覧



TOPへ戻る