離婚した元夫・妻の浮気が発覚した時の慰謝料請求について

浮気調査におすすめの大手探偵事務所はこちら

離婚した後で浮気が発覚した場合、慰謝料を請求することはできる?

すれ違い生活や価値観の違いなどを理由に、いつの間にか夫婦仲は冷え切ってしまい、ほどなく離婚…。
「お互い納得して離婚した」
「相手がどうしても譲らず仕方なく離婚…」
人それぞれ、離婚に際して思うことは違うでしょう。

 

しかし、もしも離婚の理由が、すれ違いの生活や価値観のせいではなく、パートナーの浮気によるものだったら?
あなたが真実を追求することなく離婚してしまったあと、そのことに気づいたとしたらどうしますか?

 

ここでは、離婚した前妻や前夫の浮気がわかったときに、慰謝料を請求できるのかどうかまとめていきます。

 

 

離婚後に不倫に対する慰謝料は取れるのか?

離婚後に不倫に対する慰謝料は取れるのか?

離婚した後に、相手の浮気が発覚した場合に慰謝料がもらえるかどうかについては、非常に微妙なラインになることが多くなります。
結論から言うと、元夫・妻に慰謝料を請求することは可能ですが、条件によっては請求できない場合もあるので、すぐに対応できるようにしておく必要があります。

 

慰謝料を請求できるケースとは?

元配偶者の浮気行為が離婚の直接の原因となり得たかどうかが重要になります。
そのためには、浮気が始まった時期を特定する必要があります。
元配偶者が浮気を認めていれば、それが有力な証拠になります。
万が一本人が認めない場合でも、友達や会社の同僚などからいつから浮気をしていたか、何回会っていたか聞き出せれば、有力な証拠になります。

 

慰謝料の請求ができないケースとは?

夫婦関係が破綻した後に浮気していた場合には、慰謝料請求の対象にはなりません。
例えば別居するか、もしくは寝室や居住スペースを別にするなど家庭内別居をしている状況での不倫だった場合、請求ができない可能性が高くなります。

 

元配偶者が家庭の不和を原因として浮気したと判断されると、慰謝料を請求できなくなります。
また、協議書や公正証書で「慰謝料は請求しない」と取り決めた場合も、慰謝料を請求できない場合があります。
ただし、強引にサインさせられたなどの事情がある場合には、その状況を見て権利が回復する場合もあります。
また、慰謝料請求の時効を過ぎていた場合も請求はできません。

 

いずれにしても、弁護士などに相談してみることをおすすめします。

 

慰謝料を請求できる時効とは?

浮気・不倫の慰謝料請求には時効があります。
時効は配偶者の浮気を知った時点から3年間となります。

 

例えば離婚後2年経って浮気を知ったのであれば、その時点から3年後まで慰謝料を請求できます。
期間が経過しすぎるとそれだけ慰謝料も請求しにくくなるので、時間が勝負と言えます。

 

慰謝料請求の手順と相場について

慰謝料請求の手順と相場について

離婚後に慰謝料を請求した場合の相場は、100万円〜300万円になります。

 

離婚後に浮気が発覚した場合には、財産分与をしている場合であれば、それに慰謝料分を上乗せしたものを請求するという形になります。
また、離婚の原因が浮気にあることを証明する必要があるので、元配偶者の知り合いなどから証言を得る必要があります。
協議書や公正証書があるからといって、慰謝料を請求できないわけではないので、早めに相談することが大切です。

 

おすすめの探偵事務所一覧



TOPへ戻る