婚約者の浮気に対する慰謝料請求の方法・条件・相場傾向

浮気調査におすすめの大手探偵事務所はこちら

婚約者の浮気に対する慰謝料請求の方法・条件・相場傾向

婚約者の浮気

婚約中に婚約者の浮気が発覚した、という事例は少なくはありません。
もうすぐ結婚するのに浮気をされたらパニックになりますし、怒りも湧くでしょう。

 

では、もし浮気が原因で婚約が破談になったとしたら、慰謝料の請求はできるのでしょうか?
今回は、婚約者の浮気で婚約破棄になった場合の慰謝料について詳しく見ていきます。

 

 

婚約者に慰謝料請求は可能?

婚約中の相手が浮気をした場合、慰謝料の請求ができるのかといえばこれは可能です。
しかし、慰謝料請求のためには条件があり、きちんと婚約している必要があります。
結婚しようね、などの口約束程度では婚約していると認められませんから注意が必要です。

 

婚約の定義

婚約していると認められるにはまず、双方に結婚の同意があることが重要になります。
お互いに結婚したいという意思を確認し合っていて、それを双方がきちんと把握・合意していることが前提です。
どちらか一方だけが盛り上がってしまって、同意がないのに結婚すると言ってもそれでは婚約にはなりません。

 

それと合わせて、双方の両親に結婚の意思を伝えて挨拶をしている、式場を探したり予約したりしている、結納をしている、などの行動があれば婚約中だと認められることになります。

 

婚約中の浮気の捉え方

婚約破棄

このように婚約が成立していると認められれば、双方が貞操義務を負っているという裁判での判例もありますから、慰謝料請求の権利が発生します。
まだ結婚していなかったとしても関係なく、結婚に向かって色々と行動していたのに浮気されたという精神的ダメージへの慰謝料請求は可能です。

 

もちろん、婚約中の浮気は婚約破棄の正当な理由にもなります。
浮気をされて許せないから婚約破棄をしたいという場合には、双方の両親を交えて話し合いをするといいでしょう。
婚約者が浮気を認めている場合は話し合いがスムーズに進むケースが多いですが、浮気を認めていない場合には話し合いが難航する可能性もあります。
可能であれば、話し合いの材料として、何かしらの証拠(婚約者と浮気相手に肉体関係があることがわかるようなメール、ホテルの領収書など)を用意しておくといいでしょう。

 

婚約者の浮気相手に慰謝料請求は可能?

婚約者への慰謝料請求は婚約成立していれば問題なくすることができますが、浮気相手への慰謝料請求はできるのでしょうか。

 

慰謝料請求には条件がある!

結婚している場合には浮気相手へも慰謝料請求ができますが、婚約中であったとしても請求することができます。
しかし、浮気相手への慰謝料請求には条件があります。

 

条件1:婚約していることを知っていた

まず、浮気相手の認識が問われます。
婚約者が婚約中だったということを浮気相手が知っている必要があるのです。
婚約者が浮気相手に婚約中であることを隠して付き合っていた、という場合だと浮気相手も騙されていたことになりますから、慰謝料の請求は難しいでしょう。

 

条件2:肉体関係がある

また、肉体関係があることも条件です。
2人きりで会っていた、キスをした、という程度ではいけません。
2人の間に確実に肉体関係があったという立証が必要になります。

 

この2つの条件を満たしていなければ浮気相手への慰謝料請求はできませんので、ハードルとしてはなかなか高いと言えるでしょう。
もし婚約中だと知っていたとしても、「知らなかった」と嘘をつかれる可能性もありますし、確実な証拠がなければ「肉体関係はなかった」と言い逃れするかもしれません。
浮気相手への慰謝料請求を考えるのなら、まずは証拠を掴んでおくといいかもしれません。

 

慰謝料請求の手順と相場

慰謝料請求の流れ

慰謝料の請求は結婚していても婚約中でも、流れとしては大きく違いはありません。

 

  1. 専門家への相談
  2. 証拠集め
  3. 婚約者や浮気相手へ内容証明郵便を送る
  4. 示談または調停
  5. 裁判

このような流れになりますので、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

1.専門家への相談

まずは弁護士や行政書士などの専門家へ相談しましょう。
慰謝料請求できるケースなのかどうかを自分で判断するのは難しいですから、専門家に相談してみることが大切です。
請求が可能であれば、どのぐらいの額を慰謝料として請求できるのかを話し合います。
浮気されたことによる精神的ダメージの大きさや、婚約者や浮気相手の支払い能力などから判断して、専門家が適切な額を決定してくれるでしょう。
法外な額を要求しても通りませんので、適切な額で要求することが重要です。

 

2.証拠集め

慰謝料の請求には証拠が必要になります。
何の証拠もなければ、そもそも浮気をしていたということが認められず慰謝料の請求が難しくなりますから、可能な限り証拠を集めておきましょう。
もし婚約者が浮気を認めている場合には、誰といつから浮気をしていたのかということを文書にして、一筆書いてもらっておくとスムーズに進みます。
また、浮気相手への請求を考えているのなら、浮気相手の情報も収集してください。
自分1人での証拠集めに不安があるのなら、お金はかかってしまいますが探偵や興信所などに依頼すると確実な証拠が集まる可能性が高まります。

 

3.婚約者や浮気相手へ内容証明郵便を送る

慰謝料の請求をする場合には、婚約者や浮気相手に内容証明郵便を送って請求するというのが一般的です。
直接話し合ってというケースもありますが、直接話すと感情的になりやすいですし周到な準備が必要になりますから、内容証明郵便で請求した方がスムーズでしょう。

 

4.示談または調停

婚約者や浮気相手が浮気を認めていて慰謝料の請求に応じる場合には、示談という流れになります。
示談の場合には、後日争いの種にならないように示談書を作成します。
慰謝料の支払いが分割という場合には、支払いが滞った時に備えて公正証書なども一緒に作っておくケースが多いです。
示談書や公正証書の作成などは、専門家に相談して行ってください。

 

相手が支払いを拒否して争うということでしたら、調停を開くことになります。
調停は家庭裁判所で第三者を交えて行われます。
弁護士を立てる必要はありませんが、依頼をしてサポートしてもらうとスムーズに話し合いが進められます。

 

5.裁判

調停でも条件が折り合わなかったり、婚約者が浮気を認めずに慰謝料の支払いを拒否するようなら、訴訟を起こして地方裁判所での裁判ということになります。
裁判をする場合には手続きも煩雑になりますから、弁護士に依頼をした方が無難です。

 

婚約者が浮気した場合の慰謝料の相場は?

慰謝料相場

婚約中の浮気で慰謝料を請求する場合の相場は、50万円〜200万円程度となっています。
これは裁判になった場合の相場ですし、事例によってはもっと多かったり少なかったりするので、専門家へと相談して請求できる額を聞いてみる必要があります。
あまりに法外な慰謝料を請求してしまうと、示談できるものもできません。
請求額は重要なことですから、自分1人で決めずにしっかりと弁護士なり行政書士なりに相談して決定するといいでしょう。

 

婚約破棄が認められる正当な理由とは?

婚約破棄が認められる正当な理由は、浮気といった不貞行為以外にもあります。

 

婚約破棄が認められる条件
  • 不貞行為
  • モラハラやDV
  • 大病にかかる、障害を持つ
  • 経済状況の極端な悪化
  • 非常識な言動

 

不貞行為

婚約者が自分以外の異性と関係を持っていたのなら言うまでもありません。

 

モラハラやDV

婚約者による暴言や暴力があって、結婚後の生活に不安を感じるという場合には婚約破棄することが可能です。

 

大病にかかる、障害を持つ

快復が難しい大病にかかったり、そのことによって障害が残ったという場合は、結婚した後の生活に支障が出ることが考えられますから、婚約を破棄することができます。

 

経済状況の極端な悪化

リストラされたり会社が倒産して無職になってしまった、というような経済状況の悪化も正当な理由です。

 

非常識な言動

非常識な行動というのはなかなか判断が難しいものですが、両親への挨拶で全く礼儀がなく非常識な態度を取ったということや、社会的常識が全くないといった場合には、結婚生活を継続していくことが難しいとみなされて婚約破棄が認められるケースも多いです。
また、婚約者本人だけでなく、家族や家風に問題があるという時でも婚約破棄できるという判例があります。

 

まとめて見ると、結婚生活に支障が出るほどの大きな理由がある場合に、婚約破棄の正当事由として認められることが多いです。

 

その理由は浮気を隠すため?

このように、婚約破棄の正当事由というのは数多くあります。
そのため、本当は浮気をしているのにそれを隠して、他の理由で婚約破棄をしようとするケースもあるので注意が必要です。

 

婚約中だけれど浮気相手のほうが良くなってしまって、婚約を破棄したいとなるケースは少なくありません。
そのような時に、浮気をしていたとバレてしまえば慰謝料を請求される可能性があります。
ですから、婚約者が「家族が非常識だった」「モラハラやDVを受けている」といった言いがかりをつけて婚約破棄を申し出てくることもあるのです。
あるいは、わざと暴力を振るったり冷たい態度をとったりして、相手から婚約破棄を申し出るように仕向けてくるかもしれません。
婚約破棄でパニックになってしまう人も多いでしょうが、婚約破棄の理由に心当たりがない、婚約者の態度が急変したなど怪しいと思ったら、浮気をしていないか調べてみるなどの対処が必要になるでしょう。

 

まとめ:婚約中の浮気でも慰謝料請求できる!

このように、婚約中の浮気であっても慰謝料の請求は可能です。
まだ結婚していないからと諦めずに、慰謝料の請求ができるかどうかを判断して、できるようならしっかりと慰謝料をもらいましょう。

 

  • 双方に結婚の意思がある
  • 両親への挨拶や式場の予約をしている
  • 浮気の証拠がある

 

婚約者に慰謝料を請求する場合には、このような条件が必要になります。
口約束ではなくしっかりと結婚に向けて準備を進めているということが必要ですし、怪しいと思っただけでは慰謝料の請求はできません。
まずは、しっかりとした証拠を掴むことが重要になりますから、探偵や興信所に依頼をして、確実な証拠を掴むことから始めてください。
自分1人で慰謝料の請求をするのは難しいですから、探偵や弁護士など専門家の力を借りてスムーズに行えるようにしましょう。

 

おすすめの探偵事務所はここ!

当サイトで、浮気の証拠集めから慰謝料請求までサポートしてくれる探偵事務所をいくつか紹介しています。
相談・見積もりは無料、電話やメールで24時間問い合わせができますので、一度頼ってみるとよいでしょう。

 

↓クリックして各探偵社の費用や特徴をチェック!

おすすめの探偵事務所一覧



TOPへ戻る