婚約者の浮気に対する慰謝料請求の方法・条件・相場傾向

浮気調査におすすめの大手探偵事務所はこちら

婚約者の浮気に対する慰謝料請求の方法・条件・相場傾向

婚約者が浮気した際の慰謝料請求は、どこまで可能なのでしょうか?
ここでは、そんな疑問をお持ちの方に役立つ情報を詳しくご説明していきます。

 

婚約者の浮気に対し慰謝料を請求できる条件

 

婚約者には慰謝料請求は可能

結婚していない間柄であっても、きちんと婚約が成立した後で浮気をしていたことが発覚した場合、慰謝料を請求することは可能です。

 

婚約が成立した場合は双方が貞操義務を負っているという判例もあるため、貞操義務に違反しているという理由をもって、相手に対して慰謝料を請求することが可能になるのです。
また、浮気をされたという事実は、婚約を破棄する正当な理由になります。

 

慰謝料請求をする条件

もちろん、浮気相手に対しても、条件が整えば婚約破棄の慰謝料を請求することは可能です。
但し、浮気相手に対して慰謝料を請求するには、次の2つの条件を満たしている必要があります。

 

婚約者の浮気相手に慰謝料請求する条件
  • 婚約していた事実を知っていたか(知り得たか)
  • 肉体関係があったか

 

浮気相手に対して慰謝料を請求するためには、これらの2つの条件を満たしていたことを証明する必要があります。
そのためにも、浮気をしているかもと思った時に、怪しい日を突き止めておく必要があります。

 

慰謝料請求の流れと慰謝料の相場

 

慰謝料請求の流れとしては、すでに婚姻関係にある場合と同様です。

 

@法律の専門家に相談して、どれくらいまで請求できるか請求額を決める

流れ


A証拠集めを進めながら、婚約者などに対して内容証明郵便を送る

流れ


B相手の合意の上で示談を進めるが、話し合いが決裂したら調停を行う

流れ


C調停が決裂したら、証拠を持って家庭裁判所で裁判を行う

 

婚約者の浮気によって婚約破棄した場合の慰謝料の相場を、裁判になった事例から探ってみると、50万円〜200万円の範囲内で決着しています。
もちろんケースバイケースで異なってくるので、最初は無料の法律相談などを利用して自分のケースで慰謝料がどれくらい請求できるのかを知っておくことが大切です。

 

婚約破棄で泣き寝入りしないために

 

実は、婚約破棄における正当な理由として、浮気などの不貞行為の他にも認められているものがあります。

 

婚約破棄が認められる条件
  • 婚約者の態度が冷たくなった
  • 婚約者から侮辱を受けたり、DVを受けたりした

 

本当は「他に好きな人ができたから」「浮気相手と一緒になりたいから」という理由であったとしても、これらの理由で相手から婚約破棄されるようにわざと仕向ける人もいます。
そうなると、不貞行為をされたことに気づかないまま婚約破棄をすることになったり、気づいたとしても泣き寝入りするしかありません。
怪しいと思ったら、相手の思惑に乗らないよう、普段から感情的になってしまわないよう気をつけましょう。

 

何よりも、婚約相手が浮気している可能性があれば、その証拠集めをしっかりとすることが重要です。
不安があれば、探偵事務所で何でも無料相談してみましょう。

 

おすすめの探偵事務所一覧



TOPへ戻る