浮気相手が複数人いた場合の慰謝料請求の方法・条件・相場傾向

浮気調査におすすめの大手探偵事務所はこちら

浮気相手が複数人いた場合の慰謝料請求の方法・条件・相場傾向

もし、自分の妻や夫に浮気相手がいたことが発覚したら…しかもそれがひとりだけではないとしたら、一体どうしたらいいのでしょうか?
そんな耐えられない事実が発覚したとしても、冷静に対処していかねばなりません。

 

ここでは、そのように浮気相手が複数人いた場合の慰謝料請求についての情報をまとめていきます。

 

 

浮気相手が複数人いた場合、それぞれに慰謝料請求は可能?

浮気相手が複数人いた場合、それぞれに慰謝料請求は可能?

婚姻関係にある夫婦の場合、民法709条において、貞操義務などの権利義務関係が発生すると定められています、
浮気などの不貞行為があった場合は、正当な離婚事由となりえますので、配偶者(夫もしくは妻)の他に浮気相手にも慰謝料を請求することが可能です。
もし、浮気相手が複数人いた場合であれば、慰謝料増額要因にもなりえます。

 

ただし、浮気相手に慰謝料を請求する場合は、以下の2つの条件を満たしていることが必要です。

  • 相手が結婚していたことを知っていた(知り得た)こと
  • 肉体関係があったこと

 

複数人の浮気相手がいた場合に、それぞれに慰謝料を請求したい場合は、それぞれが上記の条件を満たしていることを証明する必要があります。
なお、配偶者が十分な慰謝料をすでに支払っている場合には、浮気相手から慰謝料を請求することはできないので、その点はご注意下さい。

 

慰謝料請求の流れと相場について

慰謝料請求の流れについては、通常の慰謝料を請求する場合と変わりません。

 

  1. 法律の専門家に相談して、自身のケースでどれくらいの慰謝料を請求できるか把握して、慰謝料請求額を決める。
  2.  

  3. 浮気の証拠を集めながら、配偶者と浮気相手それぞれに内容証明郵便を送る。
  4.  

  5. 示談を進めて破談になったら、調停を行う。
  6.  

  7. 調停も破談した場合、裁判を行う

 

慰謝料の相場についてはケースバイケースですが、離婚までいった場合には50万円〜300万円、離婚をしない場合には数十万円〜200万円と非常に幅があります。

 

しかし、実際に慰謝料を決定する際には、浮気相手の人数や不貞行為の回数、年齢、子供の有無、婚姻期間、浮気発覚前の婚姻生活状況など、様々な要素によって増額減額が変わってきます。

 

慰謝料を増額するために必要なことは?

 

前にも書いたように、浮気相手が複数人いたということは、複数回浮気をしていた可能性があり、より悪質とみなされ、それだけで慰謝料増額の要素になりえます。
そのためには、浮気の証拠や浮気の主導権を相手が握っていた証拠を揃えておくことが大切になります。

 

「浮気相手にも慰謝料を」と意気込む前に、その証拠を揃えるための準備を怠らないことが大切です!
そのためには、探偵事務所に相談するのが一番の近道です。

 

おすすめの探偵事務所一覧



TOPへ戻る