SNS・出会い系での浮気に慰謝料請求する方法・条件・相場傾向

浮気調査におすすめの大手探偵事務所はこちら

SNS・出会い系での浮気に慰謝料請求する方法・条件・相場傾向

SNSや出会い系サイトで知り合った男女が実際に会って浮気や不倫に発展するケースが昨今は少なくありません。
そこで、そのようなサイトで知り合った浮気相手に対しての慰謝料請求の方法や条件、相場傾向などについてまとめてみました。

 

浮気相手に故意や過失が無いと慰謝料請求ができない!

何らかの浮気の証拠があり、当事者である夫または妻がそれを認めていれば、浮気相手に慰謝料を請求できるはずと単純に考えるかもしれません。
しかし、まだそれだけでは、慰謝料請求の条件を完全には満たしていません。
実は、浮気の相手に慰謝料を請求するためには、他にも条件が必要なのです。

 

まず1つは「不貞行為に至った原因に相手の故意や過失があること」です。
つまり、相手が、既婚者であることを承知しながら肉体関係を持った、または、きちんと注意していれば既婚者であることが分かったはずなのに、注意をしなかったためにそのような相手と肉体関係を持ってしまったという場合でないと慰謝料請求の対象になりません。
相手が既婚者であることがわからないまま、深い関係になったとしても、それは慰謝料請求の対象とはならないのです。

 

既に婚姻が破たんしている状態では慰謝料請求はできない

もう1つ慰謝料を請求する上で必要な条件が、「不貞行為によって妻または夫の権利が侵害されたこと」です。
つまり、既に長期の別居状態は破たんしていると見なされることが多く、慰謝料を請求できないと判断されることが通例です。

 

逆に、家庭内別居の場合は、外から見れば通常の婚姻関係と区別することが難しいため、慰謝料請求できることが多いようです。

 

SNSや出会い系サイトで出会うと条件が欠けやすい

SNSや出会い系サイトで出会う場合、相手がどのような素性の人間であるかを知らずにサイト上で盛り上がってつきあいに発展することが多いため、相手が既婚者であることを知らずに肉体関係を持ってしまう例が少なくありません。
そのため、妻や夫が請求を起こそうとした時点で初めて既婚者と付き合っていたことに浮気相手が気がつくということも珍しくないのです。
そうなると、請求自体が無効になってしまいますから、請求を起こすタイミングには注意が必要です。

 

また、慰謝料請求には時効がありますから、その辺もしっかり押さえておきましょう。
不貞行為の事実および浮気相手がいることに気がついてから3年です。
金額的にはパートナーが受けるダメージと比べると案外低く50万円〜100万前後が多いようです。

 



TOPへ戻る