浮気の証拠を調査するために浮気中の夫・妻を泳がせる方法

浮気調査におすすめの大手探偵事務所はこちら

浮気中の夫・妻を泳がせる方法

夫や妻など配偶者が浮気していると気づいた場合、離婚するかどうかは別としてまずは浮気調査をする必要があります。
浮気調査の上で重要となっているのは浮気をしている証拠の確保です。

 

自分で証拠を集める場合、配偶者に悟られないように泳がせておくのがおすすめです。
今回は、浮気をしている配偶者を泳がせる方法やポイントについて紹介していきます。

 

証拠を確保するまでは相手を問い詰めない

配偶者の浮気を疑った人がよくやってしまうのが、証拠をつかむ前に浮気について問い詰めてしまう行動です。
しかし、これは証拠を確保する上でやってはいけないことなのです。

 

感情的に問い詰めてしまうと、喧嘩に発展してしまって話し合いにならないばかりではなく、離婚騒動など思わぬ方向に話が飛んでしまう可能性があります。
また、相手が言い逃れをしても、こちら側には証拠がない状態だと言いがかり扱いされてしまう可能性がありますし、話し合いや調停の席でも「証拠がないのに浮気を疑われた」とこちらが不利になってしまう危険性もあるのです。
特に調停など、第三者が介入してくる場面で証拠がないと心象を悪くしてしまうので、相手側に有利な条件を飲まざるを得ない状況になったケースも少なくありません。

 

このように、証拠がない状態で問い詰めてもメリットはないので、まずは配偶者を泳がせながら冷静に証拠集めを行うのが先決です。

 

ポイント1:泳がせるコツは「気付かないフリをする」

では、実際にどうすれば配偶者を泳がせて浮気を継続させられるのでしょうか。
最初のポイントは、「浮気に気付いていないフリを続ける」ところにあります。

 

そもそも配偶者にとって浮気はやましいものであり、隠しておきたい行為です。
そのため、普段は気付かれないように警戒して行動している場合が多く、こちらが浮気に気付いている様子を見せてしまうと、さらに警戒してしまってなかなか証拠を集められなくなる可能性があります。
そうなってくると調査するのに時間やお金がかかってしまうため、精神的にも辛くなるケースが多いようです。

 

しかし、浮気に気付く前の普段通りの行動や態度を心がけておけば、相手はこちらが浮気に気づいていないと安心して慢心するようになる傾向があります。
その結果「何をしても気付かれない」と思うようになり、今までコソコソしていた行動が堂々とした行動に変わってくるのです。
それに伴って浮気の証拠も集めやすくなり、調査期間そのものを短縮できる場合もあります。

 

ポイント2:記録した会話もひとつの証拠になる

浮気中の配偶者を泳がせていると集めやすくなってくる証拠のひとつに、会話があります。

 

例えば、仕事に行ってくると出かけたはずなのに有給などを取得して浮気相手とデートをしている、1人で出張と言っていたのに浮気相手と旅行に出かけているなど、実際に言っていた事実と異なる行動をしているケースは少なくありません。
そのため、配偶者が外出する予定や遅く帰ってきた日は日時とともに会話の内容を記録しておき、後日会話の内容が事実だったのかどうかを確認するようにします。
そうして配偶者の会話と実際の行動を照らし合わせると、矛盾している点会話の内容のほころびが明確になるので、配偶者が嘘をついているのかどうか、浮気しているのかどうかの事実確認がしやすくなるのです。

 

浮気に気付かないフリを続けていれば、配偶者も油断してどんどん嘘が雑になっていきますし、より矛盾している点を指摘しやすくなると言われています。
なお、会話の記録に関しては日記などの文面に残しておくのも良いですが、より配偶者の会話を明確に記録しておきたい場合はICレコーダーなどを使って録音してみるのもおすすめです。

 

ポイント3:どんなに怪しいと思っても指摘しない

上記で述べたように、浮気に気付かないフリをしながら会話の記録などの証拠を集めるのが、泳がせるためのポイントやコツになっています。

 

ただ、会話を記録している中で矛盾点や怪しいところに気付いてしまうと、ついついそれを配偶者にその場で指摘してしまいたくなる人も多いです。
しかし、指摘すると配偶者に浮気に気付いていると勘付かれてしまうので、まだ泳がせたいならその場で指摘しないように我慢する必要があります。

 

こうして怪しい点や証拠を集めていけば、浮気の全容が浮き彫りになり、配偶者の行動パターンも把握できるようになります。
その結果浮気現場をピンポイントで押さえられるようになるだけではなく、その場で証拠を突きつけて自分に有利に話し合いを進める流れも作れるのです。
ただし、この段階まで配偶者を泳がせるためには、気付かないフリをする演技精神的な辛さを我慢する忍耐を強いられる点を理解しておかなければいけません。

 

専門家に相談するのもひとつの手段

浮気している配偶者を泳がせるためには、浮気されている苦痛だけではなく、それを押さえ込んで普段通りに過ごさなければいけない辛さを我慢する必要があります。
そのための努力は精神的にも非常に苦しいものなので、そこまでしても証拠がなかなかつかめないと行き詰まっている場合や、どうしても精神的に我慢できないと感じた場合、探偵や相談員などの専門家に相談してみるのもおすすめです。
誰かに相談すれば精神的な苦痛を多少は緩和できますし、探偵の場合は相談だけではなく自分の代わりに浮気調査を依頼できるので、精神面以外のサポートが受けられるところがメリットです。

 

おすすめの探偵事務所一覧

 



TOPへ戻る