浮気調査の基礎知識|浮気の証拠になるものは何?

浮気調査におすすめの大手探偵事務所はこちら

浮気調査の基礎知識|浮気の証拠になるものは何?

少しでも時間を無駄にしないように、どのようなものがきちんとした浮気の証拠になって、どんなものがならないのかといった、浮気調査の基礎知識をご紹介していきます。

 

浮気をしたという証明に必要な証拠内容

 

まずは、浮気の事実としてはっきりと確信が持て、裁判でも有力な証拠や、必要な情報はどのような内容のものなのかを見ていきましょう。

 

@浮気の証拠写真

 

浮気の証拠写真として最も有力なのは、「性行為のあったことを確信できる写真や動画」です。
具体的には、「ホテルの出入りをしている写真」などが、浮気の事実として確証性が高い証拠となります。
また、1回だけでなく、長期間に渡って複数回の関係を持ったことを証明できることも大切です。
そのため、日を変えて何度か浮気現場を押さえた写真を撮影する必要があります。

 

B浮気相手の氏名・住所

 

慰謝料請求を行う際には、相手の氏名や住所が必ず必要となります。
自分でやる浮気調査で分からない場合は、プロに頼んでより詳しい情報を行う「身辺調査」が必要です。
この身辺調査で知り得た内容は浮気相手との交渉を有利にする際に確信性の高いものとなります。

 

浮気をしたとはっきり証明できない証拠内容

 

レストランやホテルのレシートや請求書

 

レストランやホテルのレシートだけでは、相手に「同僚と仕事の相談で2人で食事をしていた」とか「職場の上司と出張に行った」と誤魔化されてしまいますので、証拠能力が低いといえるでしょう。

 

メールのやり取り

 

メールのやり取りによる内容では、ただ単に職場の知り合いやメル友との言葉遊びをしていたと、配偶者からはっきりした主張があれば反論が難しいといわれています。

 

電話の通話履歴

 

携帯電話やスカイプの通話履歴だけでは2人がどのような会話をしたのか分からず、浮気をしたという核心がもてないといえるでしょう。

 

 



TOPへ戻る