探偵に頼む浮気調査はどこまで調べることが可能?

浮気調査におすすめの大手探偵事務所はこちら

探偵に頼む浮気調査はどこまで調べることが可能?

浮気調査をする探偵

浮気調査の方法の1つとして、自力で調べる以外に、探偵に調査を頼むという方法があります。
ですが、探偵だからといって、何でもかんでも調べられるわけではありません。

 

探偵に浮気調査を依頼する際には、果たしてどこまでが調べられる範囲なのか、それを知ることで、探偵に浮気調査を頼む方が良いか、自分で調査したほうが良いかの判断材料にしていただければと思います。

 

探偵が浮気調査で調査する内容とは?

未成年者に慰謝料請求は可能?

探偵事務所に浮気調査を依頼する際には、浮気現場の証拠写真や浮気の行動による事実のみの結果報告となる場合があります。

 

その為、肝心な浮気相手の住所や氏名、年齢や職業、離婚歴や実家などを調査してくれるかどうかは、探偵社によって異なります。
予めどこまでが可能なのかを依頼前にしっかりと確認しておくと良いでしょう。

 

探偵は何をどこまで調べられる?

探偵社に浮気調査を依頼すると、まず、配偶者が浮気をしているのか、どのような相手と会っているのかを調査する事が大前提となります。
具体的には、以下のような3点が挙げられますが、どこまでを調査するか、決めるのは依頼者の判断に委ねられています。

 

浮気の決定的な証拠の収集

配偶者と浮気相手がラブホテルに入る瞬間などの、決定的となる浮気の証拠の収集です。

 

3回以上の浮気現場の証拠確保

離婚したりするつもりがないのであれば、証拠写真は1度だけでも十分ですが、もしそのまま離婚をしたり、慰謝料の請求を行ったりするのであれば、裁判へ備えることも必要になります。
裁判の際には、少なくとも3回以上の証拠を押さえる事が基本とされている為、3回以上の浮気の証拠を確保します。

 

浮気相手の素性調査

浮気相手が特定されていない場合は、浮気の証拠を集めるだけではなく浮気相手の素性を調べることもあります。
氏名や自宅を特定するほか、どこかの企業に勤めているのであれば勤務先の特定まで行います。

 

探偵による浮気調査の方法とは?

探偵が依頼を受けて実際に浮気調査を行う場合、以下のような方法で証拠を集めていきます。
探偵事務所の技術次第では、同じ浮気調査でもより詳細な証拠がとれることもあります。

 

尾行・張り込み

探偵による浮気調査のメインといって良いでしょう。
配偶者が出張先や単身赴任先という遠方で浮気をしている場合でも、尾行や張り込みを行って調査します。

 

裁判で有効となる浮気の証拠とは、不貞行為を立証することができる写真や映像となります。メールやクレジットカードの明細書、レシートについては浮気の証拠とはなるものの補足的な証拠にしかならないため、あまり効力はないのです。

 

また、不貞行為を立証することができる証拠は、1つだけでは不十分だといわれています。
決定的な証拠をいくつも掴むために、探偵は常に尾行してチャンスを伺うということになります。

 

現場撮影

カメラやビデオで現場を撮影し、確実な証拠を押さえていきます。
相手に気付かれないよう、遠距離からでも撮影することができる望遠カメラを使用することがほとんどです。
一般人でも購入することはできますが、探偵事務所によっては特別仕様のカメラを独自で開発していることもあります。

 

また、ラブホテルを利用するのは日中とは限りません。
夜間の場合は、望遠カメラでは顔まではっきりと写すことはできないのです。
そのため、暗視カメラを用いて、暗闇の中でも配偶者と浮気相手の顔がわかるように撮影を行います。

 

探偵でも戸籍情報などを見ることは不可能

ドラマや漫画などの世界では、探偵は何でもできると思われがちですが、探偵には警察や弁護士などのように、特別な権限を持っているわけではありません。
その為、浮気相手の情報を得るために戸籍情報を取得したり、電話番号のみから相手を特定したりといったことは出来ません。

 

基本的に、法を犯す可能性があることはできないと思っておきましょう。

 

探偵に浮気調査を依頼する前にこんな情報があればスムーズ

浮気調査を探偵に依頼する前には、ほとんどのところで面談が行われます。
その際、下記のようなことを聞かれる可能性があります。

 

  • 配偶者の名前と顔写真
  • 浮気と判明する確証性の高い証拠写真
  • 浮気相手の顔写真
  • 浮気相手の名前
  • 浮気相手の住所
  • 浮気相手の職場
  • 配偶者と浮気相手が乗っている車の車種とナンバー
  • 会う可能性の高い曜日や時間帯
  • 2人が良く行く場所・会う場所について

 

依頼前にこうした情報の提供が多ければ多いほど、調査がスムーズにいき、かつ、低料金ですみます。
もちろん、何も分からない状態でも構いませんが、ちょっとした情報でも持っているのであれば、先に出しておいた方が、見積もり額も少なくなりますし、探偵事務所がどう動くかの指針にもなります。
ですので、面談の際にこうしたものを準備していくのもおすすめです。

 

探偵による浮気調査の相場・料金が決まるポイント

探偵に浮気調査を頼んだときの料金

基本的には、調査の難易度、調査員の人数、調査日数など様々な要素によって変わってきます。

 

調査の難易度

調査が難航する原因は、素人判断で浮気の証拠を押さえようとしたことにあります。
一度相手に気付かれると警戒されてしまい、なかなか浮気の現場を押さえることができなくなるのです。

 

調査員の人数

通常2名から3名程度の調査員が浮気の調査にあたることになります。
目安としては、2名の調査員につき1時間あたり2万円前後と覚えておくといいでしょう。

 

しかし、先にご説明したように、対象者が浮気調査に気付いている場合など、難易度が高いほどより多くの調査員が必要となるため費用が高くなってしまいます。

 

調査日数
浮気調査を1日依頼する場合

ある程度浮気をしている周期が分かっており、また浮気相手の特定も出来ている場合であれば、1日〜3日程度で調査が完了となることも多く、その場合は10万円から30万円程度の費用で済むことも少なくありません。

 

浮気調査を1週間依頼する場合

1週間程度の調査であれば、30万円から60万円程度が相場となるでしょう。
逆に100万円を超えるようなケースもありますが、これはターゲットが浮気調査をしていることに気付いているなど、調査の難易度が高い場合がほとんどです。

 

使用する車の台数、機材など

使用する車の台数や、証拠を押さえる際に使用する機材の種類によっても費用が変わることがあるでしょう。
あくまでも基本的な調査費用の金額となりますので、この他にガソリン代や交通費、フィルム代などの経費が掛ってくることになるでしょう。

 

探偵事務所によっては成果報酬型となっていることもありますが、この場合は10万円から50万円程度が相場となってきます。

 

注意

浮気現場をただ単に押さえるだけであれば10万円程度で済みますが、浮気現場を裁判に持ち込むような場合は証拠を押さえる為に、何度も調査に出向かなくてはなりません。
その為、裁判に必要な物的証拠を集める際には、およそ80万円〜100万円くらいが相場とされています。
また、浮気調査をしたけれど、その日に限って相手が浮気をしていなかったという場合でも調査料金が発生してしまいますので、調査の日程はしっかり打ち合わせする事が重要です。

 

今回ご紹介したのはあくまでも一例となりますので、必ずしもこの範囲内で費用を抑えることができるわけではありません。
自らのケースに合わせた相場を知りたい場合は、いくつかの優良な探偵事務所に見積りを出してもらい、比較検討することをおすすめします。

 

まとめ

浮気調査を探偵に頼んだ際に、どこまで調べてくれるかについて、お話ししました。
先程も少しお伝えしましたが、探偵は警察のように特別な権限を持っているわけではありませんので、正当な目的がなければ、尾行や写真の撮影なども出来ませんし、浮気相手の家の中に盗聴器や監視カメラを設置することなどもできません。

 

ですが、積み重ねてきたノウハウがあるので、的確な方法で調査を行えるのです。
探偵に浮気調査を依頼するときは、法を犯すことを厭わない探偵は、絶対に避けましょう。
当サイトのトップページで、信頼できる大手探偵事務所をいくつかご紹介しています。
相談や見積もりは無料となっているところも多くありますので、ご自分に合った探偵事務所を見つけてみてください。

 

>浮気調査におすすめの探偵事務所はこちら

浮気調査におすすめの探偵事務所はこちら



TOPへ戻る