浮気による離婚は適切なタイミングを見極めよう

浮気調査におすすめの大手探偵事務所はこちら

パートナーの浮気で離婚するときは適切なタイミングを見極めよう

浮気されて離婚を決意した方には特に知っておいてほしいことは、
離婚には適した時期・タイミングがあるということです。

 

年度の変わり目や仕事の変わり目、子供の学校卒業・入学など、環境の変化にあわせて離婚をする人が多いですが、
今回は金銭問題の視点からみて良いタイミングを書いていきますね。

 

家庭状況によって異なりますが、離婚にもっとも適した時期は相手の定年退職のころです。
慰謝料や財産分与を決める際に退職金も考慮に入れることが多いからです。

 

離婚を決めたときに感情的になってしまい、
「慰謝料なんてどうでもいいからなるべく早く離婚したい!」と思う方もいますが、
離婚の慰謝料の相場は数十万〜五百万円くらいと言われています。
慰謝料は浮気の程度や結婚の期間によって変わってきます。
結婚の期間の証明は簡単ですが、浮気に関しては証拠がなければ認めてもらえません。
浮気が原因でも、証拠が不十分なまますぐに離婚に踏み切ってしまうと慰謝料がもらえない可能性も出てきます。

 

浮気をした相手に反省させる意味で慰謝料を請求するのもありですから、離婚を決めた時は一度冷静になって計画を練ってみるのが賢い方法と言えるでしょう。

 

調停や裁判で「浮気」とされるのは不貞行為があるときです。
実際不貞行為の強い証明となるものは、セックスをしている場面ではなく、ラブホテルに出入りしている場面を写真や動画に収めたものです。
この場面に居合わせるのは非常に難しく、その証拠にはホテルや2人の姿がはっきりと写っていなければなりません。
そのような距離に気づかれずにいることも難しいですよね。

 

計画的に離婚をするときに良いパターンは、相手には浮気に気づいていないフリをしておいて着々と証拠を集めておくことです。

 

先に述べた不貞の証拠は自分で得るのに限界がありますので、探偵に依頼すると良いでしょう。
探偵は調査のプロですから上手く証拠を集めてくれます。
調査報告書も作成してくれるので心強いですね。

 

 



TOPへ戻る