職場の同僚との浮気の証拠を自分で見つける方法

浮気調査におすすめの大手探偵事務所はこちら

職場の同僚との浮気の証拠を自分で見つける方法

浮気をされた方の中には、浮気相手がパートナーの職場の同僚や上司、部下だったということも少なくありません。
毎日職場で顔を合わせていると考えると、いてもたってもいられなくなりますよね。

 

完全に別れてもらうには仕事をやめてもらうか相手がやめるかしかありません。
パートナーが浮気自体を認めない場合、それが叶わないこともあるでしょう。

 

相手に認めさせるには証拠が必要です。
こちらに職場の浮気での証拠をつかむ方法をいくつかご紹介します。
配偶者の方で裁判をお考えの場合は、裁判での有効な証拠集めも必要ですので、ぜひ参考になさってください。

 

ラブホテルに出入りする写真や映像

 

これがあれば言い逃れはできませんし、裁判での証拠としてもとても有効的です。
自分で張り込むのは難しいかもしれませんので、携帯か車にGPSをつけてラブホテルに入ったのがわかってから現場をおさえに行くのがおすすめです。

 

その場合GPSの記録もとっておくと良いでしょう。

 

携帯

 

やはり、浮気をしている場合は携帯に証拠を隠している場合が多いです。
何も気付いていないふりをして相手を油断させておくと、チェックできるチャンスもあると思います。
不貞行為の画像やメールでのやりとりを写真に収めておいてください。

 

パソコン

 

職場での浮気なら、仕事で使っているパソコンの中には何らかの証拠が残っている場合が多いでしょう。
メールや画像ファイルが残っていないか隙を見て調べてみて下さい。
プリントアウトするとパソコンに履歴が残る可能性もあるので、写真に収めることをおすすめします。

 

職場に問い合わせる

 

職場で浮気をしているのなら、出張や残業も多いはずです。
本当に出張や残業しているのかは勤務先に電話すればわかります。
保険会社などの名前を出して本人を呼び出してみましょう。

 

浮気相手に認めさせる

 

職場での浮気トラブルなどは、職場には絶対ばれたくないものです。
浮気相手がわかっている場合は、職場には話さないという条件で浮気を認めるように促してみて下さい。
できれば念書や誓約書を直筆で書いてもらい署名と捺印をさせましょう。

 

まとめ

浮気している本人も浮気相手も職場には知られたくない為に、証拠を残さないよう神経質になっている可能性があります。
下手に動くと気付かれて更に気をつけるようになりますので、細心の注意をはらって証拠集めしてください。

 

浮気調査は、プロに相談するのが最も確実な方法です。
行動を起こす前に、まずは信頼できる探偵事務所に無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの探偵事務所一覧

 

 



TOPへ戻る