SNS・出会い系での浮気に慰謝料請求する方法・条件・相場傾向

浮気調査におすすめの大手探偵事務所はこちら

SNS・出会い系での浮気に慰謝料請求する方法・条件・相場傾向

SNS・出会い系での浮気

インターネットの普及に伴って不特定多数の人々が繋がり、コミュニケーションできる方法が多様化しています。
これに比例するように男女間の出会いの機会も増えており、以前より簡単に浮気に発展するケースが見受けられます。
SNSで自分と同じ趣味・趣向の異性とやり取りを続けて親密になっていき、実際に会ってしまうと、既に初対面ではない安心感も手伝ってより親密度を深めることに繋がります。
ここでは増加傾向にあるSNSや出会い系からの浮気に対して、慰謝料を請求する有効な方法や条件などを中心に考えていきます。

 

 

浮気相手は「夫(妻)が結婚していることを知っていたか?」

婚姻関係にある夫婦の場合、貞操義務に違反する不貞行為の有無によって浮気が成立することとなります。
これと同様に、浮気相手も「相手が既婚者である事実を知っていながら性的関係を結んだ」のであれば、故意による共同不法行為として法的な責任を負うこととなります。
また「故意ではないが、きちんと注意していれば既婚者であることが分かったはずなのに、それを怠って性的関係を結んだ」場合も、過失として共同不法行為となります。

 

このように、浮気相手へ慰謝料を請求できる要件として「故意・過失があったか」は重要な要素となります。
相手が既婚者または既婚者である可能性が高い状況で、性的関係を結ぶことは相手の婚姻関係を破綻させることとなり、善意の第三者である相手方の配偶者(あなた)の権利を侵害する行為となるからです。

 

慰謝料請求できないケースとは?

夫(妻)から「自分は独身である」と嘘を言われて性的関係を持ってしまった場合、その嘘を信じることがやむを得ない状況であったと認められたら、浮気相手には故意・過失がなかったことになります。
この場合、不法行為は成立せず、慰謝料の支払い義務が生じない可能性が高くなります。
つまり、浮気が発覚した場合、浮気相手に「既婚者とは知らなかった」と言い訳されると非常に厄介なのです。

 

証拠がないかチェックしましょう

SNSやメールのやり取りに、「夫(妻)が既婚者であることを明言している」または「既婚者であることを匂わせている」発言があった場合は重要な証拠となります。
最初は既婚者であることを本当に知らなかったとしても、そういったやり取り以降も性的関係を続けた場合はアウトとなり、浮気相手に故意・過失があったことが認められます。

 

浮気相手に「あなたの権利が侵害されたか?」

権利が侵害された

あなたと配偶者の婚姻関係は法的な保護を受けています。
夫婦として「平穏で円満な婚姻生活を送る権利」を有していますが、浮気をされた場合は、あなたは浮気相手から「故意または過失によって法律上保護される利益を侵害された」ことになります。
これは不貞行為があれば当然のことで、浮気の事実が発覚すればどんなに円満な夫婦であっても元の「平穏で円満な婚姻生活を送る」ことは極めて困難となりますから、浮気相手はあなたに対して不法行為を行ったこととなります。

 

不貞行為がなくても認められる?

この権利の侵害は、何も不貞行為があったか否かのみとは限りません。
確かに、浮気の慰謝料を認めるにあたって不貞行為の有無は判断の分かれ目とはなりますが、過去には不貞行為が認められなくても浮気相手に慰謝料の支払いを命じた判例もあります。
浮気相手との間に親密な交際が認められ、相当な男女の関係を超えたものと言わざるを得ないとして不倫を認定したケースです。
つまり、不貞行為がなくても、あなたの円満な夫婦関係を破綻させるような親密な交際があった場合、平穏で円満な婚姻生活を送る権利を侵害されたことになります。

 

慰謝料請求できないケースとは?

ただし、このような権利の侵害が認められないケースがあります。

 

例えば夫婦が離婚を前提として長期間別居していた場合などは、既に婚姻関係が破綻している状況と判断されます。
既に婚姻関係が破綻しているのであれば、侵害される権利もないため、不法行為として慰謝料を請求することが困難となります。

 

これと同様に「家庭内別居」というケースもありますが、この場合は第三者から見て通常の婚姻関係と区別することが難しいです。
そのため、既に婚姻関係が破綻していたとは言い切れなくなりますから、慰謝料を請求できる可能性が高くなります。

 

浮気の慰謝料の相場や請求のタイミング

SNS・出会い系での浮気の慰謝料の相場は?

慰謝料相場

慰謝料の金額は様々な要素から算出されます。
浮気行為によって受けた精神的な苦痛の他、浮気相手の収入や資産、夫婦の婚姻期間、子供の有無などを総合的に考慮し決定されますから、案件によって大小はあるものの、一般的な事例では50万円〜100万円前後が最も多いケースです。
あなたが浮気をされた精神的なダメージと比べれば、慰謝料の金額は案外低めであることがわかります。

 

慰謝料請求のタイミングとは?ポイント3つ

また、慰謝料を請求するタイミングですが、SNSや出会い系から発展した浮気の場合は充分注意が必要です。

 

浮気相手の情報収集をしてから!

インターネットを介した関係の場合、浮気相手の正確な素性を判断するのは難しいです。
居住地や職業も偽ることが可能ですから、浮気相手のことは充分に調べる必要があります。

 

請求の条件を満たしてから!

それと同時に、夫(妻)が「自分が既婚者であることを隠している」ケースもあり、浮気相手に慰謝料請求をした時に初めて交際相手が既婚者であったと気付くパターンが多くあります。
この場合は浮気相手には故意・過失が認められず、慰謝料請求自体が無効となりかねませんから、請求のタイミングには充分な注意が必要です。

 

時効について知っておく!

慰謝料には3年の消滅時効があり、損害及び加害者の素性を知った時からカウントされます。
SNSや出会い系で知り合い、浮気相手の名前や所在地等がわからない段階では時効対象外となりますので、請求を急ぐ前にしっかりと正確な情報を収集する必要があります。

 

どうやって浮気の慰謝料を請求するか?

いよいよ浮気の慰謝料を請求する段階になったら、どのような手段で進めればいいのでしょうか。
一般的には以下の2つの方法がありますが、それぞれメリット・デメリットがありますので、状況に応じてよく検討する必要があります。

 

1.口頭で請求する
メリット

浮気相手に口頭で請求する場合、タイムリーに主張を伝えることができ、相手方に言い訳を考える猶予を与えることなく追及することができます。

 

デメリット

その反面、後々「言った、言わない」の争いになる危険性に加えて、自身もリアルタイムで適切な応対を行う必要があり、その道のプロでもない限り失敗のリスクが高まります。
特に浮気相手に対しては、感情が邪魔してしまい平静を保つことも困難となりますし、脅迫や暴行に至ってしまうと別の問題に発展してしまう危険性が高くなります。

 

2.書面で請求する
メリット

浮気相手に書面で請求する場合、こちらの主張を充分に組み立てて伝えることができます。
記録として残せることはもちろんのこと、瞬時の応対もなければ感情が邪魔する危険性もありませんので一般的にも多い方法です。

 

デメリット

書面で請求

デメリットとしては相手方にも回答への準備期間を与えてしまうことが考えられますが、そこはしっかりとした証拠を押さえておけば対抗することが可能です。
また、内容証明郵便で書面による請求を行う場合、浮気相手の氏名や所在地が必要となります。
SNSや出会い系の場合は、浮気相手の素性をしっかりと調査して、これらの情報を揃えなければなりません。

 

調停・裁判へと進んだ場合は?

上記のような方法で慰謝料を請求し、相手方との交渉で示談が成立しなかった場合は調停・裁判へと発展します。
訴訟を提起すると、あなたの主張に対して浮気相手が反論してきます。
それに対して、あなたは再度反論するといった形式で進行します。

 

浮気の慰謝料請求に必要な証拠とは?

浮気相手が不貞行為等の事実を認めない場合は、こちらから証拠を提出して立証する必要が出てきます。

 

どんな証拠を集めるべき?
浮気相手の素性

SNSや出会い系等から発展した浮気の場合、相手がどこの誰かもわからないことがほとんどです。
慰謝料請求の際にも、必要な個人情報を揃えなければ、裁判にかけて法的な責任を負わせることもできません。
ですから、相手方の素性から正確に調べ、きちんと連絡が取れるよう準備する必要があります。

 

「不貞行為」の証拠

証拠

どんなに浮気の疑いがあったとしても、裁判で有効となる証拠がなければ不貞行為(=肉体関係)として立証することは困難となります。
不貞行為を示すには、夫(妻)と浮気相手がホテルに出入りするところを撮影した写真・動画が決定的です。
SNS等のやり取りだけでは証拠の有効性が変わってきますが、それでも親密なやり取りが確認される記載があったり、具体的に「ホテルに行った」等の不貞行為を匂わせる発言があったりすれば重要な証拠となり得ます。
SNSでの会話は決定的な証拠とはなりませんが、大きなアドバンテージとなります。

 

いつから証拠を集めるべき?

慰謝料請求など具体的な行動を起こす段階まで来ると、当然相手方もボロを出さないように対応してきますから、浮気の証拠を押さえることは困難です。
証拠を押さえるには、相手方が気付かない無防備な段階で行うことが重要なポイントとなります。
知らないふりをして監視していれば、この先の約束など重要な情報を得ることにも繋がります。
また、弁護士や探偵等の専門家へ依頼してあれば、その情報を元に実際にホテルを出入りする場面を撮影する等、決定的な証拠も入手しやすくなります。
ですから、慰謝料を請求する前に浮気相手の素性を調査し、裁判で勝てる有効な証拠を入手しておく必要があります。

 

SNS・出会い系の浮気は足が付きにくい?

簡単に誰かと出会える半面、簡単に逃げることができるのがSNS・出会い系の特徴です。

 

  • 浮気相手が「自分のアカウントではない」「乗っ取られた」などと言い張る
  • 偽のプロフィールで登録している
  • 最初から夫(妻)を騙すために近付いた
  • 都合が悪くなったらアカウントを消す

 

といったケースが考えられます。
やり取りしていたのが本人のアカウントであることを証明する必要も出てきますし、特に素性を偽って登録していた場合であれば本当のことを調べなければなりません。

 

しかし、インターネットで知り合った人をうかつに追及しようとするのは危険です。
ほとんどの場合、SNSやLINE上でしかやり取りしていないことが多いですから、もしそれら唯一の連絡手段を絶たれたら調べようがなくなってしまいます。
そのような最悪の事態を避けるためには、浮気相手に勘付かれないよう慎重に行動しなければなりません。

 

確実に浮気相手を突き止めるには?

弁護士や探偵に相談

限られた情報から浮気相手の素性を調査するのは、慣れない素人には難しいことです。
それに、相手が素性を偽って夫(妻)と接触している可能性もありますから、今知っている情報が本当だとも限りません。

 

自分だけでは対応しきれないと感じたら弁護士や探偵に相談しましょう。
浮気調査を依頼し、プロから適切なアドバイスをもらえば、失敗することなく正確に情報を収集し慰謝料請求もスムーズに進めることができます。

 

まとめ:SNS・出会い系から発展する浮気に慰謝料請求するには

浮気相手へ慰謝料を請求する場合、共同不法行為を行った故意・過失があり、不貞行為があった事実を認めさせなければなりません。
またそのやり取りの中で、相手が「既婚者であると知っていた」「既婚者である可能性が高いと匂わせる」情報を押さえることが重要です。

 

さらに、メッセージのやりとりから得られる情報から有利となるものを選別したり、その情報を元に決定的な証拠へと結びつけたりするには、豊富な知識と経験が必要となります。
探偵など専門家は日常的にこうした調査をしていますから、浮気調査を依頼すれば証拠集めの段階で失敗するリスクがグンと下がります。
なるべく早い段階から相談して、慰謝料を請求する有効な方法や条件を揃えて挑みましょう。

 

おすすめの探偵事務所はここ!

当サイトで、浮気調査におすすめの探偵事務所をいくつか紹介しています。
浮気の証拠を集めるのはもちろん、離婚・慰謝料問題に強い弁護士の紹介もしてくれるので、問題解決まで一貫してサポートを受けられます。
相談・見積もりは無料、電話やメールで24時間問い合わせができますので、一度頼ってみるといいでしょう。

 

↓クリックして各探偵社の費用や特徴をチェック!

おすすめの探偵事務所一覧



TOPへ戻る